海外FX:

Info:

2011年国内規制:
日本国内ではレバレッジの高さが投資の中でも投機性が高くなるという指摘からレバレッジをそれまで200倍まで認めていた企業でも最大で25倍までというルール作りができ、それまで活性化していたオンラインのfx市場が一気にしぼむことになりました。

ただ投資額が減ったわけではなく、トレーダーはレバ規制範囲外の海外FX企業へと流れただけですが。

推薦FX...

More info:

当サイトでご紹介している海外FXは入金も出金もテキパキで、300~888倍までのレバレッジを利用することができます。

つまり1万円の投資でもてこの原理を利用して数億円の取引ができるようになります。

デモ口座も用意されているのでまずは無料の登録をしてみるのが良いでしょう。

FX市場オンライン情報局

海外FXは日本の証券会社が運営するFX取引とは少し違います。

XE Markets



XEマーケットに口座を開設済みの人もこれから作る人も、初めて入金すると入金額の3割のボーナスがもらえ、リピーターボーナスもあります。まとめサイトにもいろいろ載っています。ボーナスは入金後24時間以内に口座へお振り込み。これは、マイクロ、スタンダード、エグゼクティブと、どの種類の口座でも共通です。

XEマーケットでは、MTやスマートフォンなど、豊富な取引プラットフォームを用意していますので、モバイル環境でも取引は自由自在。外出の多い多忙な方でも、出先で好きな時にFX取引が行えます。また、XEマーケットの良さは、利用できるプラットフォームの多さにもあります。MT4よりさらに高性能なプロも納得のMAMのほか、Zuluトレードやミラートレーダなど、多彩に揃えられています。

 


AVA Trade



世界中で長年愛用されてる世界水準のトレード環境であるメタトレーダー4はアヴァトレード・ジャパン(AVA Trade)を提供しています。初心者の方でも高い分析機能を持ったチャートソフトでメタトレーダ4を手軽に使用できます。複数のチャートでも同時に、チャート1つづの詳細を設定する事で、リアルタイムに 表示する事が出来ます。
チャート上で成り行き注文や注文したポジションの確認も直に行うことが出来ます。

0.01ロットの少量から取引が可能となっている商品CFDは金、原油等です。今では16種類の商品やバイナリーオプション取引を取り扱っています、口座を開設する為の手数料や口座の管理、出勤の手数料も無料ですので安心してお取引をしください。各種スプレッドを狭くして米ドル円1.2pipsをはじめとして費用がおさえています。

 


i Forex



FX取引に興味があるけれどなかなかやり方がわからない。とか、初めてみたものの利益を得ることができない。などFX取引は素人では難しいものがあります。そのような方に適しているのが、アイフォレックスです。アイフォレックスでは、電話を利用しながら専門家から投資のアドバイスを受けて、売買注文をすることができますので、FX取引がまだ慣れていない方やパソコン操作が苦手な方にとっても助かるサービスなのです。しかし、FX取引がすでにプロ並みの方でも満足できるような高機能取引ツールもありますから、プロ級の腕をお持ちの方でも満足して利用できることでしょう。

取引には手数料がかかりませんから、手数料を気にせず取引をできます。ちなみに取扱い通貨ペアは60種類以上と豊富です。中には、メリシコペソやイスラエルシュケル、シンガポールドルなど、有名どころとは言え、ハイローオーストラリアなどの他の業者ではあまり取り扱うことが少ない通貨も含まれています。



レバ規制対象外で最大888倍のレバレッジ取引!

実は海外のFXにはメリットがたくさんあるのです。まず最初のメリットとして、日本におけるレバレッジ規制の対象外にあります。

日本ではレバレッジが25倍以下に制限される法律が数年前に制定されましたが、海外に会社を置くFX業者に関してはその規制をかけようともかけることができません。つまるところ、日本ではありえないようなレバレッジで取引できるのです。

400倍以上はザラ、中には1000倍のレバレッジで取引することが可能な業者もいます。少ない資金で大きなリターンを得るというFXのもともとのメリットを享受できるのが海外FXです。

おすすめサイト: KaigaiBestFX.com

10万円の証拠金で250万円の取引しかできないのが、海外FXだとなんと1億までの取引が可能になります。ただその分デメリットとしてリスクも大きくなり、抱える損失が巨額になる点を注意しなければなりません。また海外のFX業者にはボーナス制度と言う日本にはない精度があります。

ボーナスは入金額に対して2-5%の間で設定されており、100万円を入金した場合、2-5万円のボーナスが支払われることになります。またETOROなどブローカーによって全く形態が別の取引ツールもあります。詳細はさらに一番の魅力はシステムトレードに対応しているということでしょう。海外FX業者はたいていMT(メタトレーダー)と呼ばれるFX取引専用のソフトを使用しています。

MTは世界中で使用されているチャートソフトであり、プログラムによって売買条件を組み合わせ、自分独自の取引システムを構築し、トレードに臨むことができます。これはシステムトレードという手法で、そのシステムによって自動で取引を行う場合は、自動売買システムと呼ばれています。

FX取引においては自分の感情の起伏は取引結果に悪影響を及ぼすファクターですので、心理状況に惑わされない機械的な取引はFXで儲けを得ることに対して非常に重要なものです。

ベンチャーキャピタルですが、これは投資ファンドの一種であり、高いリターンを狙った投資を行う業者とされています。

投資の対象ですが、上場していないものの高成長な企業となっています。つまり、当該業者ですが、将来性の在る企業に対して資金を融資する事が主な仕事となっています。また、融資する会社に対して、一定の経営コンサルティングも行います。
日本に在る当該業者ですが、大手都市銀行のグループ企業や大手商社の関連会社となっています。主に、大手都市銀行等のベンチャーキャピタル事業部を利用する場合、社会的信用は高いので利用する側は割と安心できるようです。また、ベンチャーキャピタルを活用する場合、先にデメリットとなるものを知っておくべきでしょう。
ベンチャーキャピタルのデメリットですが、出資した資金の返済負担が大きい事と、出資は有望な企業にしか行われないという事です。また、投資先が経営不振になった場合はすぐにでも資金は回収されてしまいます。要するに、ベンチャーキャピタルは、非常にシビアな存在であり、経営難の業者に対しては冷たいという事を、利用する側は「最低限の常識」として知っておかなければなりません。
少しでも、経営不振になると、手の平を返したように冷たい視線を利用者に向け、冷酷な感じで直ちに債権を回収するので、この事はしっかりと学習しなければなりません。他には、当該業者を利用する場合は、経営に関して出資者側の意向を反映させる事が必須となっている事です。この点も、しっかりと確認しなければ思わぬトラブルに巻き込まれるリスクが高まります。また、株式公開をするのが早く、まだ基礎固めがされていなくてそれを行ってしまった場合、間接経費の増加をしてしまうリスクも孕んでいます。
また、ベンチャーキャピタルのメリットとしては、事業が上手く行っている会社に対して経営サポートを受けれたり、業務提携先が発見し易くなるという事です。経営危機に陥らない限り、資金調達が容易にできる事になっており、ベンチャーキャピタルが会社の関係者であれば取引先からは「有力で且つ優秀な企業」とみなされる事が多く、先述した業務提携先の事ですが、ベンチャーキャピタルが提携先を紹介してくれるという事です。
ベンチャーキャピタルを活用する場合、失敗事例を学習したりデメリットを知っておいた方が上手く行く可能性は高まります。失敗事例を研究し、理性に基づいてこの業者を活用した方が、リスク軽減は期待できそうです。