海外FX:

Info:

2011年国内規制:
日本国内ではレバレッジの高さが投資の中でも投機性が高くなるという指摘からレバレッジをそれまで200倍まで認めていた企業でも最大で25倍までというルール作りができ、それまで活性化していたオンラインのFX市場が一気にしぼむことになりました。

ただ投資額が減ったわけではなく、FX ブログを見てもわかるとおり、トレーダーはレバ規制範囲外の海外FX企業へと流れただけですが。

推薦FX...

More info:

当サイトでご紹介している海外FXは入金も出金もテキパキで、300~888倍までのレバレッジを利用することができます。

つまり1万円の投資でもてこの原理を利用して数億円の取引ができるようになります。

デモ口座も用意されているのでまずは無料の登録をしてみるのが良いでしょう。

バイナリーオプションでの取引方法

海外バイナリーオプションでは主に3タイプの取引があり、それぞれ自分の好みや取引スタイルに合わせて選ぶことができます。バイナリーオプションの基本とも言えるハイ・ローオプション、加えてワンタッチ、レンジオプションの3つです。どのタイプもレートの動きを予想するという点は同じです。


1 ハイ・ローオプションとは

バイナリーオプションの基本中の基本がハイ・ローオプションです。ハイ・ローオプションのことをラダーオプションと呼ぶ日本国内の業者もあります。ハイ・ローオプションでは取引時間が終了する「満期になった時点のレート」が重要となります。対象銘柄が購入時点のレートよりも上か下かを予想するオプションです。
満期を迎えるまでの取引時間はだいたいが数十分から数時間です。中には60秒という超短期取引である「60セカンズ」もあり非常に人気です。


2 ワンタッチオプションとは

取引時間が終了する「満期になるまでの時間」が重要になります。設定されたレートに、自分が予想する対象銘柄のレートが届く=タッチするのか、しないのかを判断するオプションです。満期になった時点のレートではなく、取引時間内で一瞬でもレートがタッチすればオプション終了となります。レートが上にいくか下にいくかという方向と、その大きさを予想するため、ハイ・ローよりは難しくなります。


3 レンジオプションとは

取引が終了する満期までに、対象銘柄のレートが設定された範囲=レンジ内に収まった状態か、範囲外=レンジ外になるのかを予想します。レートがレンジ外になった時点でオプションは終了となります。


その他にも、ワンタッチオプションと似ていますがあらかじめ上下のレートが設定されており、取引が終了するまでに上下どちらにレートがタッチするかを予想するオプションを扱っている業者もあります。

どのタイプのバイナリーオプションも、基本的なルールはいたって簡単シンプルな内容です。初心者でも気軽に始められる取引の一つとなっていますので、まずは試しに取引してみたいという方にお勧めです。