海外FX:

Info:

2011年国内規制:
日本国内ではレバレッジの高さが投資の中でも投機性が高くなるという指摘からレバレッジをそれまで200倍まで認めていた企業でも最大で25倍までというルール作りができ、それまで活性化していたオンラインのFX市場が一気にしぼむことになりました。

ただ投資額が減ったわけではなく、FX ブログを見てもわかるとおり、トレーダーはレバ規制範囲外の海外FX企業へと流れただけですが。

推薦FX...

More info:

当サイトでご紹介している海外FXは入金も出金もテキパキで、300~888倍までのレバレッジを利用することができます。

つまり1万円の投資でもてこの原理を利用して数億円の取引ができるようになります。

デモ口座も用意されているのでまずは無料の登録をしてみるのが良いでしょう。

基本的なFXの考え方を知る

外国為替証拠金取引と聞いても何のことだろうと首を傾げる人は多くても、FXと聞けば「あぁ名前だけは知っている」と思わず頷いてしまうのではないでしょうか。Foreign Exchangeの頭文字をとってFXと呼ばれており外国為替を意味した単語ですが、これが日本語でいう外国為替証拠金取引という名称なのです。
FXはForex(フォレックス)とも呼ばれており、最近話題に上っているバイナリーオプションも、FXから派生した投資金融商品の一つです。

常に変動する為替レートを利用して、各種通貨の差益から利益を得る仕組みの金融商品がFXであり、例えばドルと円なら円高の時にドルを安く買い、円安の時にドルを高く売るというようなシンプルな考え方がFXの基本です。

FXでは手元にある投資資金よりも多くの額を使い取引することができるという大きな特徴があります。手元にある資金よりもどのくらい大きな金額で取引ができるのか?それを表した単位がレバレッジというものです。レバレッジ(Leverage) とは、レバーやてこを使った後のように、小さな作用で大きな力を得るといった意味です。FXにおいては少額投資で大きな利益を出す効果の意味として使われており、レバレッジは倍率で表しています。

日本国内では規制があり、レバレッジ利用は最大25倍までと定められています。手元の投資資金が最大で×25倍の金額となり、それを使ってFX取引が可能になるということです。仮に投資する手持ちが少なくても、レバレッジを使えば効果的な資金運用が望めるというわけです。しかしその分のリスクも、もちろん大きくなることは忘れてはいけません。


24時間いつでもできるFX

日本国内での株取引ならば、証券取引所の営業開始から終了までの間のみしか行うことはできません。しかし、海外FXならばどこかの国で証券取引所が終了したら、違う国ではオープンするというように常にどこかしらの市場がオープンしています。世界中の通貨を対象としている取引ですから、結論を言えばFX市場は24時間オープンしていることになります。
特に取引が頻繁に行われるアメリカ、ヨーロッパの市場は日本と時間帯がほぼ逆になります。日本の市場が閉まった後の夕方から深夜に向ける時間帯が最も取引量が多くなり活発になる時間です。

FX市場のターゲットは世界規模に及ぶ

世界中の外国為替市場で行われているFXですから、ターゲットとなる市場も様々な国、規模は巨大です。一日で約300兆円も超える取引量は圧巻、株式とは比較にならないほどの規模なのです。


FXでは勝つ人がいて負ける人がいる

FXだけに限りませんが、投資という行いはすべて人間一人一人が起こしている現象であり、利益を得る人がいれば、損失を被る人がいます。投資に参加している人全員が勝つことも、全員が負けることもありえません。これは100%勝ち続けることはないということでもあります。ならばどうすれば良いのか?リスクをしっかりと管理することです。ロスカットなどで冷静さを保ち続ける姿勢が投資を行う上で一番重要だと覚えておいてください。


事前に決め事を作りそれを守る

取引をする上で重要なのが自分の中で決め事を作っておくこと、そして絶対にそれを破らないことです。利食いやロスカット時のルールを事前に自分で決めておく、どんな状況においても、そのルールに沿って例外なく守ることを徹底しましょう。作っておいた決め事があわないかもしれないと思っても、取引中はそれを徹底しておきクローズしたら改めて検討するようにしましょう。


健康管理とストレスコントロール

知らず知らず時間を忘れて生活が不規則になってしまったり、心理的負担が大きくなってストレスが溜まってしまうこともあるのが投資の盲点です。定期的な休息と気分転換などをしながら、バランスのとれた取引スタイルを心がけるのも大切です。